日本史が好きな女性を歴女というらしい。では、歴史好きを歴男クンと呼ぶのだろうか。

店長はかつて、天才歴男であった。その日本史であるが、さまざまな未解明事件が起きている。

中には国家存亡の危機さえ招いた事件がある。

それらに光をあて店長の論証を加えたい。コラムには、年代順はありません。店長の任意です。

日本史最大の謎---何故「謀反」を起こしたのか

織田信長がその生涯を閉じた場所が「本能寺」である。1582年の大事件であった。「わが敵は本能寺にあり!」と命令を下した武将こそ「明智光秀」である。主君への怨恨説が採用されてきた。さらに光秀も戦国武将である。天下取りを狙っていたとしても不思議ではない。ここでは、もう一つの説を紹介する。それは、朝廷が光秀の黒幕であったというもの。彼は、そもそも朝廷とは親密であった。信長は、当時の「正親町天皇」に退位を迫ったという。さらに朝廷が定めていた「暦」に難癖をつけた。「暦」を司ることこそ、すべての権威の象徴であった。明智光秀は、朝廷を蔑ろにする信長の態度に我慢ができなかったらしい。納得できる説である。

坂崎直盛改易事件---「千姫」への悲恋は作り話だった

大阪夏の陣の際、落城寸前の城から「千姫」を救い出したのが「坂崎直盛」であるとされていた。そして千姫に恋慕した上に、彼女の婚礼を阻止する暴挙に出て、津和野藩を潰されてしまう。話が出来すぎだと思っていたが、誰かの創作に違いない。けれども改易は歴史上の事実である。相応の理由があったのだろう。それに家康は、「千姫」を救い出したものに嫁がせる」と云ったというが、本当だろうか。救い出したのが坂崎直盛だとするのも無理がある。「千姫」の本多家への婚姻が決まり、坂崎には、都合が悪かったのだろう。中年男の「哀愁物語」を世間に流布させた人物がいるのだろうか。こちらも「真相は藪の中」である。

陪審員制度まで生まれた大事件---広沢真臣暗殺事件

長州出身で木戸孝允をさしおいて初めて参与の地位を得ていた。有能な政治家だが、歴史の表舞台に登場することもない。それは、1871年に若くして何者かに暗殺されたからである。明治天皇から、早期解決の詔が出された。そのために制定されたのが「陪審員制度」であった。大捜査が開始され、80人もの容疑者が浮かび上がった。最終的に、ともに襲われたが、現場から逃げ出して無事だった愛人が逮捕された。そして激しい拷問が行われたのだ。愛人が拷問に耐え切れず、使用人と関係を持っていたと告白する。次にその使用人が逮捕された。だが、自白は得られず、真相は藪の中であった。当時、不遜な噂が上がっていた。指示したのは、「木戸孝允」ではないかというものだった。当局は木戸孝允の内偵さえ行ったという。結局、うやむやになってしまったのだ。

一騎打ちはなかった---両雄伝説の背景

映画の1シーンでもお馴染みの「川中島の戦い」である。合計5度に渡る。一般に「川中島の戦い」と云えば、その4度目をさす。最も激戦になったそうである。「一騎打ち」については、上杉方、武田方の双方で文献が残されているが、それぞれ主張が食い違っている。また、戦国のこの頃の戦さでは、「大将は本陣に留まり全軍の指揮をとる」のが常であった。伝説が生まれた背景には、強い武士への憧れがあったからだろう。腰に差す刀が斬るものから、単に身分を示す象徴に成り下がってしまってから、この「上杉謙信・武田信玄」両雄伝説がひろまったのではないだろうか。その時期は江戸時代の元禄の頃ではないかと推測される。

孝明天皇急死事件---公的な死因は病死であるが、真相は如何に

天皇の病状は疱瘡だったと云うのが定説である。1866年に36歳の若さでの崩御である。この年には「薩長同盟」が成立している。討幕派にとっては都合の良い急死であった。そのため孝明天皇は暗殺された、とする噂が日本中を駆け巡ることになる。英国人の外交官「アーネスト・サトウ」は「ミカドは毒殺されたと聞いた」と記しているほどである。「公武合体」の和宮様は、孝明天皇の妹君だ。彼女は徳川家茂に嫁いでいる。朝廷と徳川幕府との融和は、開国推進派にとっては邪魔な存在であった。天皇没後わずか1年で「王政復古の大号令」が発表された。さらにアーネスト・サトウの日本滞在記は、長くタブーとされた。この書が日の目を見たのは、ようやく戦後になってからであった。

天皇になろうとした将軍---足利義満

室町幕府第3代将軍「足利義満」は、足利幕府中興の祖として知られる知将である。彼の統治者としての才能には非凡なものがあった。まず、地方に強大な勢力を維持していた「守護大名」たちを弾圧すると、朝廷の南北朝の争いを終結させている。そして中国の大国、明に対しても一歩も引けを取らなかった。貿易相手国として認めさせた。「日明貿易」開始である。さらに、彼には壮大な野望があったという。「今谷明」氏が著した「室町の王権---足利義満の王権簒奪計画」という奇書がある。端的に云えば、彼は将軍と天皇の権限を統合した「日本国王」になることを夢見ていたようだ。そのための布石をさまざま行っていた。ところが、歴史の神様が許さなかった。彼は志半ばで急死してしまい、野望は崩れ去ってしまった。

何故一族30名すべてを惨殺したのか---関白「秀次」切腹事件

宣教師「ルイス・フロイス」の書残した書には、世情有名な「乱行・悪行」の記述がない。むしろ彼は「思慮深く、謙虚な若者である」と記されている。彼の「刀の試し切り」や「鉄砲の試し打ち」で何人もの人々を殺害していたというのは、誰かが流布させた作り話かも知れない。彼が「関白」でいると都合の悪い人だ。店長は、それは「石田三成」ではないかと睨んでいる。もちろん、淀殿が出産したことで、「秀吉」には「秀次」は邪魔になったことは確かである。だが、それは「関白」を禅譲させれば済むことで、一族すべてを亡ぼすことではない。この時期、大きなイベントがあった。「朝鮮出兵」である。そして「秀吉」留守の間に内政を任されていたのが「関白・秀次」である。ここで「秀次」の名声が上がれば自分の出番は少なくなってしまう。それを危惧してあらぬ噂話を流布させ、失脚させたのではないか。そのため、彼の「遺児」が残っていれば、真相を知って刃を自分に向けて来ることが想像できる。「秀吉」の「杞憂」に付け込み、願望を忖度して、「秀次」一族は抹殺されてしまったのではあるまいか。

やられ損の吉良上野介---史実は「忠臣蔵」とはかなり異なるようである

一般に「忠臣蔵」が世間に広まったのは「仮名手本忠臣蔵」が上演されてからである。忠義という概念が希薄になりかけていた元禄時代、特に江戸市中では、民、商人の暮らしぶりは華美に流れ、幕府はおそらく統制に苦慮したものと店長は考えている。そこに恰好の事件が沸き起こったのだ。その事件こそ旧赤穂浅野藩士による吉良家への討ち入りであった。この強盗殺害事件は「義士」による「仇討ち」とされた。本当にそうだっただろうか。吉良は領民に慕われるよき藩主でもあったようである。対するに、切腹を命じられた浅野は持病に苦しんでおり、神経衰弱気味であったそうな。映画やドラマでは「大悪人」として描かれる「吉良上野介」であるが、店長は気の毒すぎると思っている。

誰もが気になる---坂本龍馬暗殺事件

店長の地元福山市鞆の浦の海底に「いろは丸」が沈んでいる。そして龍馬が身を隠していた町家が残されている。知る人ぞ知る龍馬ゆかりの街、それが鞆の浦である。1867年、大政奉還を前にしたこの時期、希代の英雄が襲われて命を落とした。龍馬、中岡慎太郎が刺客に襲われた。だが、徹底解明は行われずに明治という新時代を迎えてしまった。犯人は幕府京都見廻組とされているが、別の説もある。新選組である。さらには、いろは丸衝突事故の当事者である紀州藩が真犯人ではないかとの疑惑が浮上している。紀州藩は多額の賠償金を海援隊に支払っている。龍馬が、万国公法を携えて事故の談判に臨んだのは有名である。

いごくいあらためる---千利休切腹事件

これは、店長がかつて考案した歴史年代の覚え方である。「いごくいあらためる」1591改める千利休と記憶していた。秀吉から切腹を命じられた年代である。真相が明らかになっていないのは、有力関係者の一人である徳川家康が、次の政権を担ったからではないだろうか。おそらく秀吉は、利休が家康の意のままに動いている「スパイである」ことを知っていた。「このままでは、大阪の勢いが失われてしまう。そうなる前に手を打つ」彼はそう考えていた。だが現実は、政治も経済も江戸に移ってしまう。そう江戸幕府の成立である。当事者の徳川家康は、真相を隠ぺいするために、最もらしい理由を天下に広めたのだろう。